ペットシッターさつきの日記

ペットシッターやペット関連の話題を掲載します。

令和元年度動物取扱責任者研修まとめ

令和元年7月9日

 

動物使用施設のにおいの管理について 

 公益社団法人 におい・かおり管理協会

1、匂いの基礎知識

  色の3原色、味の5基本味に相当する原臭はまだない

  におい物質は40万種類以上あり、いろいろな種類がごく少量ずつ混じっている

  においの役割:文字や言葉以外の情報発信ツール

  におい:匂い、香り、悪臭など全てを指すときはひらがなで書く

  においの好き嫌いは個人差があり、体験によっても変化する

 

2、悪臭苦情の現状

  埼玉県の悪臭苦情 2015年638件 野外焼却が21% 

 

3、においを規制する法律とその目的

  においの慣れ:他人の家のにおい

  騒音・悪臭が住民にとっては最も身近な環境問題

  今まで我慢していたが我慢の限界に達したときに「悪臭苦情」が発生

  →測定結果が基準値をオーバーしていたら、法規制の対象となる

  悪臭防止法:周辺住民から悪臭苦情が発生した場合、業種や事業規模に関わらず、

        規制地域内にある様々な事業場が規制対象となる。

        規制基準 1号:敷地境界線上 2号:気体排出口 3号:排出水

        生活環境の保全と円滑な事業活動の両立

        ガスを採取して実際に6人でにおいを嗅いで判定する

  臭気指数の基準値 10:梅のほのかな香り等 

           15:排気ガス、化粧品売り場の香水の匂い等

  犬のにおい

   ・体全体がにおう→月1回のシャンプー、毎日ブラッシング、週1回の耳掃除

   ・便が異常ににおう→腸内環境に乱れの可能性、ドッグフード見直し

   ・口がにおう:歯周病の可能性、歯磨きや歯石除去

          上記以外は内臓疾患、皮膚病、感染症の可能性

 

4、動物のにおいの原因と特性

  ・グルーミングしなくなる→週1回濡らしたタオルで体を拭く

  ・下痢→食べ物見直し

  ・体調不良や病気→においがする場所を見つける(耳、口、肛門、それ以外)

 

5、におい対策の具体的な方法と効果について

 まずは「においを出さない工夫」をする

  作業工程の改善、においの少ないものに転換、清掃の徹底、排出方法の変更

 →それでも提言しない場合は、脱臭装置の設置

 

 一般的なビニール袋は表面から臭気が漏れるので防臭袋を使う

 

 サンゴジュやサザンカアンモニア除去能力が高いので植樹も

 

 空気清浄機よりもまず掃除の徹底を。においの原因の撤去が効果が高い。

 

 糞と尿が混ざると糞が分解されて悪臭がひどくなる。

 尿は液体、糞は固体の中に臭気成分を閉じ込める。

 尿のにおい→クエン酸、糞のにおい→重曹を使って掃除

 

 低濃度のオゾンは安全だがあまり脱臭効果が高いとは言えない。

 高濃度のオゾンは人体や動物に有害なので使用空間に立ち入らない。

 

 臭気対策アドバイザー

 脱臭ナビ

 

動物用医薬品の適正な使用方法について

 共立製薬株式会社

1.動物用医薬品の概要

  農林水産省の承認が必要、薬機法で規定、予防等効能効果を標榜可能

  成分量、剤形が動物用に設計されている

  最終的に畜水産物(食品)として人が摂取する場合の影響も考慮される

  要指示医薬品:獣医師の専門的な知識と技術を要する、副作用が強い、耐性を生じやすい

         フィラリア予防薬、抗生物質、ワクチンなど

  指定医薬品:薬剤師の管理のもと販売

        処方・・・獣医師が直接診察 

        販売・・・動物用医薬品販売業の許可が必要

  動物用医薬品:毒薬と劇薬

  動物用医薬部外品:消臭シャンプー、虫除けスプレー ※販売許可不要

  

2.医薬品医療機器等法

 動物用医薬品等を製造販売するためには、許可が必要

 動物用医薬品製造販売業:申請書類を国が審査し、農林水産大臣が許可を与える。

             5年ごとに更新(都道府県監査あり)

 動物用医薬品の広告:効果効能について、獣医師等が保証したと思われる表現はしてはならない。

 個人使用や獣医師が診療で使うための個人輸入は例外的に可能。通関手続きが必要。

 転売した場合は懲役、罰金またはその両方

 

 

3.ワクチンと駆除薬

 ワクチンとは、病原体を体の中や粘膜に摂取して、病原体に対する免疫を作る薬

 犬のワクチンで予防できる病気

  コアワクチン(対:命の危険のある感染症

  ・犬バルボウイルス感染症(嘔吐、下痢、子犬の死亡原因) ※通常の消毒薬では効果ない

  ・犬ジステンバー(致死率高い、呼吸器、神経症状)

  ・犬伝染性肝炎(発生は稀だが感染すると致死率高い 肝炎)

  ・狂犬病(犬は法的な対象。1年に1度)

  ノンコアワクチン(ライフスタイルに応じて)

  ・犬パラインフルエンザ(犬の風邪 子犬はかかりやすい)

  ・犬アデノウイルス2型感染症(同上)

  ・犬コロナウイルス感染症(パルポと類似しているがそこまで強くない)

  ・犬レプトスピラ症(人畜共通感染症

 

 犬の登録と狂犬病予防注射

  対象:生後91日以上の犬、年に1回の注射が義務

 

 猫のワクチンで予防できる病気

  コアワクチン(対:命の危険のある感染症

  ・猫カリシウイルス感染症(口腔内に水疱や潰瘍) ※猫風邪

  ・猫ウイルス性鼻気管炎(くしゃみ、よだれ、鼻汁) ※猫風邪

  ・猫汎白血球減少症(嘔吐、下痢など犬パルボウイルス感染症に類似)

  ノンコアワクチン(ライフスタイルに応じて)

  ・クラミドフィラ フェリス感染症(結膜炎)

  ・猫白血病ウイルス感染症

  ・猫免疫不全ウイルス感染症

 

 フィラリア予防薬:感染した幼虫を殺滅する駆虫薬。

       1ヶ月効果持続ではなく、すぐに排泄されるため、投薬ごとに駆除している。

 フィラリア陽性犬の年間来院頭数(2012)

   1~5頭:56%、6頭以上:30%

 

 SFTS:2013.1に国内で初めて確認された新興ウイルス感染症(発熱、消化器症状)

     致死率:人16.4%、動物67% 生存期間中央値3日

     有効な薬剤やワクチンはない 野良猫に噛まれたなど、ペットからも感染

 

動物の愛護及び管理に関する法律に関わる連絡事項について

 動物愛護管理法が一部改正(令和元年6月19日交付)

 公布日から1年以内に施行

 ①業者による適正試用の促進

  犬猫の販売場所を事業所に限定

  出生後56日を経過しない犬猫の販売などを制限

  貸し出し、天事業に帳簿の備付義務化

 ②マイクロチップの装着義務化

  犬猫の販売業者:マイクロチップの装着・登録義務化→環境大臣へ登録

          譲渡の場合や変更届け出の義務

  飼い主:努力義務

 ③適正飼養のための規制強化

  飼い主は繁殖防止措置の義務 罰則強化

ペットフードのあらまし

環境省作成の資料:リンク先からPDFをダウンロードできます

環境省_パンフレット「ペットフード安全法のあらまし」 [動物の愛護と適切な管理]

 

ペットフードの安全確保の体制

ペットフードの与え方と取扱

 市販のペットフードの選び方

 ペットフードを与える時に注意すること

・・時間が経ったら片付ける(フードを出しっぱなしにしない)

  お皿は洗う

  総合栄養食を与える

  

平成30年度動物取扱責任者研修(第1回)@埼玉会館大ホール 2018/7/20 その2

2、小動物飼育施設と有害生物

 〜健康で衛生的なペットのために

 

アメリカザリガニは広くいて飼われているため、いま特定外来生物に指定すると

逆に飼われていたものが放されてしまうので、指定したくてもできない。

 

クマネズミは家にいるが人になれず凶暴なため実験動物にならない。

垂直に登るから強い。天井でガタガタ聞こえたらこのクマネズミと思っていい。

 

アリの全重量>人間の全重量

 

ゴキブリを嫌うのは日本とアメリカぐらい

ゴキブリアレルギー 日本7%、アメリカ20%

 

チャバネゴキブリかクロゴキブリのだいたいどちらか

夜遅くまで光がついていると住み着く

 

ゴキブリは自分のフンや死骸を食べない

(ゴキブリ対策の商品でそれを売りにしているのは間違っている)

フンを食べるのはコアラ(ユーカリの毒の耐性をつけるため)、うさぎなど特定の理由がある動物だけ

 

ゴキブリは餌、水、隠れ家があると急激に増える。

ゴキブリの餌はドッグフードが一番育つ。(→食べ残しをいつまでも置いておくのはよくない)

 

蚊取り線香に含まれるピレスロイド系殺虫剤はゴキブリ含め全ての動物が苦手。

ゴキブリは粘着トラップを避けることがある。餌に関係ない。

ゴキブリが多数生息しているとアレルゲンを撒き散らす。

ゴキブリはセリカのハーブ類を嫌う。

ベビーパウダーをぬっておくと滑って上がれない。

ゴキブリも学習して記憶する。

 

蚊は家庭菜園に置いてある水で発生する。

 

 

平成30年度動物取扱責任者研修(第1回)@埼玉会館大ホール 2018/7/20 その1

動物取扱責任者には年1回の研修の受講が義務付けられています。

(途中から来たり、出ていても本を読んでいたり、おしゃべりしていたりとズルしている人は結構毎年見受けられます。なんとかならないのかといつもアンケートに記入していますが)

 

まとめ

1、ペットの食事-プロが知っていなければいけないこと

       ペットオーナーが本当に知りたいこと

→ネットの情報は8割くらい嘘。アフィリエイトで不安が増長される。

 テキストは信頼されやすいので、獣医師の言うことを信じない人がいる。

 犬:食事を中断しない。ドライフードを置きっぱなしにすると全部食べてしまう。

 猫:野生の場合、次の獲物を探しに行かないといけないので食事が途中でも中断する。

  (ネズミなら1日20匹を食べないといけない)

 猫のほか、海獣も完全な肉食。

 

 牛の母乳は人間に近い

 乳糖:母乳に含まれないから犬猫は分解できない

 

 糖質=消化できるもの

 食物繊維=消化できない

  牛:胃が4つあり、1つ目の胃にいる微生物がいて分解されたものから摂取

  馬:大腸がでかい。そこから微生物の働きで摂取

  うさぎ:盲腸がでかい。道場。2種類のフン

  シロアリ:食物繊維を分解できる特殊な動物

 

 犬猫の唾液にはアミラーゼが含まれていないので、咀嚼する意味はあまりなく、

 ドライフード丸呑みは問題ない。(喉に詰まらなければ)

 

 炭水化物:必須栄養素ではないが、妊娠・授乳期には必須

 

 食べると言うことは生物の情報をリセットする

  (=レゴのブロック)

 

 動物にとっては動物の方がタンパク質の品質が良い。

 だから犬の仲間が肉食になる。選ぶ自由がない。

 

 犬や猫はタウリンを体内で合成できる。

 犬はタウリンは必須ではないので、ベジタリアンでも生きていける。

 そう言うペットフードもある。

 猫はタウリン必須で、猫がタウリン欠乏すると目と心臓に異常が出る

 手作りのフードには注意

 

 コラーゲンを食べても分解されてアミノ酸になるだけ。

 バランスよく食べるのが大事。

 

 タンパク質の分解は(脳に行ったら脳神経が死ぬくらい)有害なアンモニアを産生する。糖や脂質は分解されて無害。

 アンモニアは肝臓で毒性の低い尿素代謝され、尿中に排泄。

 猫は常にスイッチが入っているような状態でこの能力が高い。

 人間は食べた時だけ解毒できる。

 

 脂肪は炭水化物の2.5倍のカロリー

 食べられない時脂肪は武器。脂肪は半分の量でエネルギーを満たすことができる。

 脂質は脂溶性ビタミン(ADEK)の資質を助けるので、水より牛乳で飲んだ方が吸収は良い。

 

 アラキドン酸は人間や成犬では必須ではないが、猫は必須。

 アラキドン酸は動物の組織にしか含まれないので、猫は動物性の脂が必要。

 

 植物の中に存在するカロテン(プロビタミン)からビタミンAを生成する機能は

 人間と犬にはあるが、猫にはない。

 

 犬猫はビタミンC(アスコルビン酸)は作れる。作れない動物の方が珍しい。

 ビタミンCを作れない動物は人間とモルモットなど。草食動物は植物を食べるうちに

 カロテンは摂取できる。

 人間の場合は喫煙と野菜を食べない人はサプリでビタミンを摂るべき。

 肝機能が低下するとビタミン補充が必要。

 

 犬猫に対して栄養補給として牛乳はあまり向いていない。ペットフードをちゃんと与える。

 

 授乳期:産んだらお母さんは大事にされなくなり、子供に目がいってしまう。

     本来は、お母さんを大事にすべき(母乳を出して子供に与えるため)

     子供は環境が揃えば勝手に育つ。

 

 授乳期の犬は普段の4倍(=南極のソリを引く犬と同じ量)食べないと体重を維持できない。

 

 犬:小さく産んで大きく育てる→安産の神様として祀る

 

 猫は出産しても体重が落ちず、ゆっくり食事量が増える。

 →増えた体重から補っているため、それほどすぐに食料を必要としない。

 

 食物の温度:40℃ピーク あっためると食べやすい=獲物の温度

 10秒くらいレンジでチンして手でかき混ぜるのがやりやすい

 

 肉はしょっぱいので塩分は常に取り込んでいる。濃いものを食べても尿として排出できるので問題ない。人間はそこまでできない。

 旨味を感じるのか?

 →アミノ酸を多様に感じる。解凍してすぐの肉と時間が経ってから作られた缶詰の場合、

 解凍してすぐの肉の缶詰の方を選ぶ。

 

 塩は血液と同じ成分。

 地上に出てきた際に海水を血液として体の中に取り込んだと言える。

 

 PHコントロールのペットフードはベーコンより濃い

 

 心臓と腎臓が健康であれば問題ないが、その時点で大丈夫かどうか不明なので

 (腎臓の異常は早期発見ができず、半分異常ダメにならないとわからない)

 なるべくしょっぱいものは与えない。

 

 甘いもの好き(=エネルギーになる)

 苦いもの嫌い(=危険なものが多い)

  は本能として備わっている。

 

 ペットフードのあらまし:

  ・環境省作成のパンフレットの方がわかりやすい。ダウンロード可能

  ・公正競争規約 ペットフードの目的をみると良い

    

 ペットフード

  総合栄養食、間食、療法食、そのほかの目的食のいずれかに分類される。

  そのほかの目的食=ふりかけと同じ

  

 ペットフードに穀物が含まれていていいのか

  1970年代の研究

   エクストルード加工(米を炊いた感じ)で犬は穀物6割、猫は穀物4割の食餌で

   どの種類のデンプンでも100%小腸で消化されるので問題ない。

 

 原材料表記で1番目が炭水化物でも問題ない。

 原材料表記は細かく表記すればいくらでもいじれるため、品質とは関係ない。

 

 添加物は100倍とっても大丈夫だが、塩は30~40倍とると死ぬ

 

 膵臓が消化酵素を作れなくなった時に食品に混ぜることはあるが、

 消化酵素はタンパク質でできているので、そのままとっても分解されると思われる。

 消化する酵素はその度に作られており枯渇することはない。

 

2つ目は別記事に掲載

長寿動物表彰(猫は18歳〜)

確か、ネコDKで紹介されていました。

ネコの場合は、18歳を過ぎていると、日本動物愛護協会から表彰してくださるようです。

 

当てはまる方はいかがですか〜。

 

掲載されていたのは確かVol.2の方だったはず・・

 

にほんブログ村 猫ブログ キャットシッターへ
にほんブログ村

 

 

ペットを飼うのにかかるお金について

サイトによって色々ですが、少なく見積もっても100万はかかりそうです。

 

money-academy.jp

→犬166万円、猫214万円

 

www.jaccs.co.jp

→犬122万円、猫67万円

 

結局は、犬・猫に個体差があるので飼った犬猫次第。健康で通院費用がかからない子もいれば、そうではない子もいるわけで。また、安いフードでも好き嫌いなく何でも食べる子もいれば、好き嫌いが激しくて高いフードしか食べないという子も。

いま、猫2匹飼っていますが、上の子はペットショップで購入、下の子は動物病院の前に捨てられていた猫を引き取りましたので、その時点で費用に差がついています。

 

あと、飼うことによって電気代も増えますし、自分がアレルギーになったら医療費もかかります。(猫を飼い始めて鼻づまり・鼻炎がひどくなり、薬もあまり効かないので鼻のレーザー手術を受けましたが、元に戻りました)直接的なものだけではなく、間接的にも増えるはずです。

 

でも、去勢手術はかわいそうだから受けさせない→多頭飼育崩壊 みたいなニュースがたまにありますが、そもそも一頭あたりにどのくらいかかるのかを把握していれば、自分が飼える・飼えないは分かるはず。

多頭飼育崩壊の方がかわいそうでしょ。(というか、かわいそうの次元を超えてますが)

 

 

にほんブログ村 猫ブログ キャットシッターへ
にほんブログ村

 

毛取りグッズ(一毛打尽、お掃除ローラー)

カーペットやキャットタワーなど平らなところについている毛をとるのに

適しています。

 

一毛打尽とNRスポンジゴム

f:id:pet1122:20171212201918j:plain

NRスポンジゴム(右)はAmazonのレビューで似ていると記載があり、ホームセンター(ビバホーム)で見つけました。NRスポンジゴムのほうが少し柔らかいです。毛が取れる量は変わりません。

値段は忘れましたが、一毛打尽の半分以下の金額で購入しました。

まあ、素材の価格としてはそれほどしないんでしょうけど、デザイン料とか利益とか色々上乗せするとAmazonで売っている価格になるんでしょうね。

 

 

お掃除ローラー フェリシモ

f:id:pet1122:20171212202418j:plain

f:id:pet1122:20171212202422j:plain

f:id:pet1122:20171212202424j:plain

 

赤い部分はエチケットブラシと同じです。毛を取ったらカシャカシャとグレーの部分を動かすと、中に毛が入り、ふたを開けると毛が回収できる仕組みです。

デニムとかこすっても大丈夫な素材の服にも使えます。でも服はもう少し小さいほうが向いてるかなと思ったら、アイリスオーヤマからちっさくしたようなものが出てました。

 

 

こちらは使っていないので使用感はわかりませんが、今度買ってみようと思います。

 

にほんブログ村 猫ブログ キャットシッターへ
にほんブログ村